空気清浄機の条件1万円以下で見比べやすい

空気清浄機で1万円以下、五千円の中から良いのを比較しました

空気清浄機

普通の空気清浄機で10畳くらいの範囲を持っているにも関わらず、1万円以下

 

そんな格安の空気清浄機の中から、発売日が割と新しめで、機能が良い物をいくつか紹介したいと思います。

 

この価格で普通に機能してしまうのであれば充分という方におすすめです。

 

Sparomaの殺菌空気清浄機で、空気清浄プラス殺菌で1万円以下


汚れた空気の吸収と綺麗な排気に加えて、殺菌機能もプラスが特徴のSparomaの空気清浄機です。

 

価格は約8,900円適応面積は9畳です。

 

UVライトが付いていて、接触すると細菌などの有害物質を除去できるそうです。

 

Sparomaの集塵機能とフィルター機能

 

集塵機能としては左右の吸収口から吸い込むハイパワー吸収に、小型のファンが付いていて、それが高速回転することによって集塵力をアップさせる工夫がされています。

 

排気を綺麗にするために、吸い込んだものをしっかりキャッチする物がフィルターですが、このフィルターが3種類使われています。

 

プレフィルターで大きなホコリや塵などをとらえます。

 

活性炭フィルターの活性炭の力で、タバコやペットなどの気になる生活から出る臭いを脱臭します。

 

HEPAフィルターで小さい粒子までとらえます。花粉やウイルス、PM2.5などです。

 

Sparomaの使いやすさの機能

タッチパネルで簡単に操作することができます。

 

風量を調節することができて、静音と標準と強力の3つがあります。
普段は標準で、寝るときは静音で、ご飯食べたり、タバコを吸ったときは強力でなど、その時の状態にしっかり対応できそうです。

 

その他のお得な所

フィルターの交換料金も安い

 

交換用のフィルターが2,000円以下と他の二万円以上するような空気清浄機と比べると安めです。

 

本体の購入が一万円以下で安くても、フィルターが高いと初期費用しか安くできませんが、これならずっと使っていくなかでかかる費用も少なく済むのでお得です。

 

保証が長期なので安心できる

別料金を払う必要もなしで、三年間の長期の保証が付いてきます。

 

別料金なしで三年は他と比べても長いです。普通は一年、長くても二年くらいです。

 

 

アイリスオーヤマの加湿空気清浄機が1万円以下


価格は約9,900円適用面積が10畳です。

 

加湿機能が付いていて一万円以下というのが何よりすごいと思います。

 

アイリスオーヤマは、他の家電も価格は安めなのですが、機能は結構高いという物が多いです。

 

空気清浄機能と加湿機能に分けてみてみましょう。

 

アイリスオーヤマは吸引、フィルター機能が本格的さらにパワー調節も

空気を清浄するための集塵機能として、本体の三方向から一気に吸引することができます。

 

Sparomaと比較すると一方向分多いです。

 

汚れた空気を一分間で最大2.3uも吸い込めるそうです。

 

また三段階のパワーの調節機能が付いています。

 

静音、標準、強力とSparomaと比較しても同じ機能です。

 

寝ている時、臭いを発している時に対応できるというのは大事だと思います。

 

フィルターも三種類でプレフィルター、活性炭フィルターにHEPAフィルターとこれもSparomaと比較して同じ機能です。

 

ここまでをSparomaと比較すると、

  • 三方向からの吸引がアイリスオーヤマの方がすごい
  • SparomaはUVランプで殺菌できる

この二点が大きな違いです。

 

加湿機能も二段階で調節でき長時間使える

加湿機能としては、湿度の調整に二段階のモード切替をします。

 

  • うるおいモードで湿度60パーセント
  • 標準モードで湿度50パーセント

の二つです。

 

加湿機能で気になるのが衛生面ですが、アイリスオーヤマの加湿は加熱式です。

 

水をそのまま使うより、衛生的ですね。

 

またお手入れのタイミングをランプで知らせてくれます。

 

つまり、汚くなるつまり菌やカビなどが増える前に洗浄できるので、衛生面で良い状態を保つことができます。

 

洗浄方法も簡単で、クエン酸を入れてボタンを押すだけでできるそうです。

 

 

日立の空気清浄機EP-LZ30は適用面積15畳で1万円以下


適用面積が15畳と広い事がポイントの日立の空気清浄機EP-LZ30です。

 

価格は、約8,500円

 

吸引機能は六方向からも吸引します。

 

先に紹介したSparomaやアイリスオーヤマのように三段階の機能は付いていません。

 

フィルターはアレルオフフィルターというフィルターを使っています。

 

臭いもしっかりキャッチして、アレル物質の活動も抑制することができるそうです。

 

嬉しいリモコン付き

使いやすさとしてはリモコンが付いているところです。

 

空気清浄機のところにわざわざ行って、ボタンを押す必要がないということです。

 

離れた距離で、テレビを見ながら、スマホを見ながら、ベッドに寝ながらつけることができます。

 

三段階のパワーの調節ができないのは少し物足りなさを感じます。

 

ですが、リモコンで楽々起動したり、止めたりできるのは嬉しい機能だと思います。

 

 

アイリスオーヤマの空気清浄機は最安の五千円台


先ほど紹介したアイリスオーヤマの加湿機能付きが、約九千円台でギリギリの一万円以下でした。

 

という事は、加湿機能が付いていなければもっと価格は安くなるのでは、という期待の空気清浄機がこちらです。

 

価格は約五千円台です。

 

一万円以下、五千円以上で紹介しているのでもう少しで、紹介できなくなるところでした。

 

というくらい格安だと思います。

 

適応面積も14畳と加湿付きよりも広いところもポイントの一つです。

 

機能としては三段階のパワーの調節機能が付いています。便利です。

 

フィルターもおなじみのプレ、活性炭、HEPAの三つを使用でしっかり粒子、臭いを捕らえます。

 

またプラス900円程で五年保証を付けることができるので、安心して長期に使うことができます。

 

五年保証に入っても六千円くらいと、一万円以下の条件を全然満たしています。

 

 

一万円以下でも充分な機能がある空気清浄機があることがわかる

以上の一万円以下の空気清浄機を見てみると、意外に高機能の物があることがわかります。

 

  • Sparomaの殺菌機能付き
  • アイリスオーヤマの加湿機能付き
  • 日立の適応面積15畳でリモコン付き

などです。

 

格安にも関わらずにプラスαの機能があるのは、すごい事だと思います。

 

全体的には適応面積がやはり狭めです。

 

逆に言えば、適応面積を狭くすることで一万円以下を実現しているとも言えます。

 

ですがもしあなたが使っている部屋が、この適応面積で収まる広さであれば、普通より低価格で空気清浄機を購入することができます。

 

リビングなどの広い部屋は、本格的なものを使いましょう。

 

自分の部屋などを、今回紹介した一万円以下の空気清浄機を使うことによって、お金をかけずに済むと思います。

 


page top