布団クリーナーは2weyや3wey製品が狙い目

布団クリーナー比較ランキング

比較したら、今は、ふとんだけでなく、ハンディにもなる掃除機も人気なのがわかった。

 

10,000円以下の人気布団クリーナーも充実と価格の安さと、多様性を比べて把握しよう。

 

売れていて人気の布団クリーナーを6つ紹介

レイコップをはじめとして、ダイソンや他各社が布団クリーナーを出しています。

 

その中でも、人気、つまり買って使ったことがある方の評価が高いものをいくつかランキング形式で紹介したいと思います。

 

機能や種類、値段と相談して、あなたに合った布団クリーナーと出会えると良いですね。

 

ダイソンDC61

UVランプもたたき機能もなし、強力すぎる吸引力で勝負

 

おなじみの吸引力のダイソンです。
布団クリーナーというよりハンディクリーナーとしての認識が強い方もいらっしゃるかもしれません。

 

実はダイソンにはフトンツールという、別に取り付けられるツールがあります。

 

これを付けて、ダイソンの吸引力で布団を掃除すると、とんでもない量のハウスダストが取れます。

 

その吸引力の凄さの前には、布団クリーナー特有のUVランプや叩き機能など対して効果無いと言い切ってしまっているほどです。

 

その吸引力の反面、値段も非常に高いです。

 

売り場にもよりますが、大体2万五千円くらいします。

 

お金の問題じゃない、一番良いやつが使いたいという方には、満足のいく成果を出してくれる布団クリーナーです。

 

さらに新しいバージョンのV6のハンディクリーナーもフトンツールもあるしお勧めなのでチェックしてみてください。

 

レイコップRS300

布団クリーナーといえばこれ

 

おなじみの元祖布団クリーナーです。

 

布団を食わずに掃除機掛けをすることができ、UVランプでダニの活動を弱めて、振動たたきで、しがみついているダニを払い吸引します。

 

最新版では、ダニの住みやすい環境である湿気、つまり布団の水分も吸引できるようになっています。

 

ダニを取り、餌のホコリや垢や皮膚を取り、水分も取れば、ダニが減り、繁殖しにくい環境づくりができますね。

 

吸引力ではダイソンに負けますが、この水分を取る、新機能はダイソンにない機能なので、ダニの繁殖環境の対策を掃除と一緒にしたい方はこの最新版で決まりです。

 

もちろん最新版でなくとも、ダイソンほどではありませんが、ダニを効率よく吸引できます。

 

価格は2万円以上で、ダイソン級の価格です。吸引力を取るのか、水分吸収機能のこちらを取るのか迷うところです。

 

アイリスオーヤマコードレスふとんクリーナー

ハウスダストの量がわかるセンサーで、もれなく実感しながら掃除できる

 

この布団クリーナーの一番すごい所は、ハウスダストがわかるセンサーの、ダニチリセンサーです。

 

このダニちりセンサーは掃除をしている時に、ランプの色でハウスダストの量がわかるようになっています。

 

これによって漏れなくしっかり掃除をすることができるようになります。

 

掃除の成果を実感できて良いですね。

 

UVランプにたたき機能も付いているので、ダニ用のフトンクリーナーとしての効果も充分

 

コードレスで充電式なので、家の中だけでなく、車の中も掃除できるところも魅力的です。

 

チャイルドロック付き

 

大型ネットショップでレビュー総数100件以上で利用者、満足者が多いので安心できます。

 

価格は一万円くらいで、ダイソンやレイコップと比べると価格が半分くらいに落ちます。

 

半分の価格と考えると、価格に対しての機能、効果、つまりコスパではこのアイリスオーヤマ製のコードレス布団クリーナーがおすすめです。

 

お布団用掃除機LSJ-601

値段が安いのが何よりのメリット

 

このお布団用掃除機LSJ-601の良い所は、何より値段が安くて、人気があるところです。

 

安いだけの物ならほかにもありますが、このお布団用掃除機LSJ-601はレビュー数を100件以上獲得しているネットショップもあります。

 

評価も高いので、安くて安心ってことです。

 

この掃除機はたたき機能は付いていなく、UVランプも付いていません。
しかし、400wのパワー1分間に7,500回も回転するブラシでゴミをかき取るので、ゴミを吸収するちからは充分あります。

 

シーツなど巻き取りも防止しているので、立派に布団クリーナーとしての機能があるといえると思います。

 

価格は約5,000円と三位のアイリスオーヤマ製と比較してさらに半額近いです。

 

最高レベルではないけれども、最低限の布団クリーナーの機能で充分という方には、こちらのお布団用掃除機LSJ-601がおすすめです。

 

sirocacrossline2WAYハンディ&布団クリーナースティングレイ

 

布団クリーナーだけでなくハンディにもなり一石二鳥

 

この2WAYハンディ&布団クリーナースティングレイの最大の特徴は、取り外してハンディクリーナーとしても使えるというところです。
布団だけでなく、家の中の手で届く範囲内まで掃除ができるようになるので、大変便利です。

 

もしもハンディクリーナーをまだ持っていないという方がいれば、これを使えば、1つの掃除機代で2つの掃除機を使えるようになるようなものなので、おすすめです。

 

機能として、UVランプにたたき機能付きで、布団クリーナーとしての機能も充分。
コードも4.5メートルと長めなので、コードレスではなくとも遠い所の掃除もできます。

 

価格が約10,000円です。

 

布団クリーナー機能プラスで、ハンディクリーナーとしても使いたいかたにおすすめです。

 

6位

ツカモトエイムecomoふとん用UVクリーナー

 

レイコップの機能にプラスして、上にも吸い込み口がある

 

このツカモトエイムの布団クリーナーは、上にも吸い込み口があります。
なぜ上についているのかというと、掃除をしている時に舞い上がったホコリなども吸い込むためです。

 

舞い上がったホコリはやがて落ちてきます。
舞い上がっているうちに吸い込むことによって、一回の掃除機掛けでのホコリを吸い込む量を増やすことができ、結果綺麗にできます。

 

布団クリーナーとしての機能もレイコップとほぼ同じで、UVランプ毎分3600回の振動のたたき機能付き

 

価格は約5,000円ほどです。

 

布団クリーナーの機能に、上方吸い込み口プラスで布団と空間の両方を同時に綺麗にできる、一石二鳥効果を得たい方におすすめです。

 

布団クリーナーの比較ランキングのまとめ

 

価格が高いほど機能は当然高いですが、物によってそれにしかない機能があるので、高いから全てにおいて上ではないという事がわかります。
ダイソンは吸引力が強い
レイコップRS300は水分を取れる
アイリスオーヤマはセンサーで取れてないハウスダストがわかる
など個人によって欲しい、外せない機能と価格の条件に合うものを選ぶことができます。

 

単純に布団クリーナーといっても色々な機能がそれぞれに付いていることを理解して、自分にとって本当に欲しい物を手に入れるのに役立ててください。

布団クリーナー比較記事一覧

page top