ツインバードの空気清浄機AC-D358PWのレビュー記事

ツインバードの空気清浄機AC-D358PWは安くて使いやすくてシンプルで良い

ツインバードAC-D358PW

 

ツインバードの空気清浄機AC-D358PWを実際に購入して家で使って見た感想(レビュー)記事を作りました。
使った感じや実感、ボタンの場所とか機能とかが、購入前の方とかにわかりやすく伝わればいいなと思います。

 

本ページはプロモーションが含まれています

 

今回書いているツインバードAC-D358PWも含んだ、一万円以下空気清浄機のランキングを作成しました。参考にどうぞ

 

1万円以下の格安空気清浄機から選びやすいように比較しました

 

レビュー前にツインバードの空気清浄機の簡単な基本機能をチェック

先にツインバードの空気清浄機の基本的な機能特徴を

 

対応面積が12畳

 

HEPAフィルターはPM2.5、カビ、花粉、ほこり

 

脱臭フィルターはタバコ臭、ペット臭、生ごみ臭

 

ターボ、標準、静音の三段階の風量調節ができます

 

マイナスイオンを放出する設定と180分タイマーの機能があります。

 

サイズは
高さ 43cm
幅  41cm
奥行 14cm

 

の縦の平べったい四角型、取っ手付きで持ちやすく

 

価格が販売店にもよりますが、大体1万円以下で購入できます。

 

 

前面、背面、上面の特徴を画像とともにレビュー

ツインバードの空気清浄機AC-D358の購入は一万円以下で買えました。

 

交換用のフィルターが2,000円くらいであって、これと含めても一万円くらいで買えちゃいました。12畳の対応面積でHEPAフィルターと活性炭フィルターとかついてて、この価格はコスパ良いと思います。

 

 

正面から撮ってみました、こんな感じ
ツインバードAC-D358PW空気清浄機の正面

 

 

真ん中のパネルみたいなのの上、左右に隙間があってその三方向から、部屋の空気を吸引するみたいです。
ツインバードAC-D358PW空気清浄機の吸引口パネル

 

ツインバードAC-D358PW空気清浄機の吸引口パネル 

 

 

 

 

上の方にボタンが並んでいます、ここで操作するようです。

 

ツインバード空気清浄機AC-D358PWの操作ボタン

 

 

裏がこんな感じ、背面からは吸引も排気もしないみたいです。

 

ツインバード空気清浄機の裏面

 

 

シールが貼ってあって、型番とかフィルターの名前、フィルターの交換時期の目安も記載されています。

 

ツインバード空気清浄機の裏面のシール部分

 

上がこんな感じ、上から取り込んでフィルターを通して奇麗になった空気を吹き出し口から放出しているみたいです。

 

ツインバード空気清浄機の上部吹き出し口

 

 

各ボタンと操作を画像と共にレビュー

次に各ボタンを見て、操作してみます。

 

ツインバード空気清浄機の風量と電源ボタン部分

 

 

電源をオンにするには、コードをつないでいる状態で、一番右のボタンの風量切替、入/切のボタンを一回押します。

 

ツインバード空気清浄機の風量と電源ボタン部分2

 

 

そうすると静音のところのランプが赤く光ります。つまり電源を入れるために一回ボタンを押すと静音モードの状態からスタートするということです。

 

ツインバード空気清浄機の静音ランプ

 

 

もう一回ボタンを押すと標準になります。

 

ツインバード空気清浄機の標準ランプ

 

もう一度押すとターボになります。風量ターボの音量は

 

ツインバード空気清浄機のターボランプ

 

もう一度押すと電源が切れます。

 

ツインバード空気清浄機の電源切れ

 

真ん中にあるマイナスイオンのボタンがあります。

 

ツインバード空気清浄機のマイナスイオンボタン

 

このボタンを押すと、マイナスイオンモードがオンになって青くボタンがひかります。

 

ツインバード空気清浄機のマイナスイオンボタン青く光る

 

もう一度押すと光が消えてオフになります。

 

左側には切タイマーのボタンがあります。

 

ツインバード空気清浄機のタイマーボタン

 

切タイマーのボタンを一回押すと左の3時間の所のランプが緑色に光ります。

 

ツインバード空気清浄機の3時間緑ランプ

 

3時間タイマーがオンになっているということです。

 

もう一度ボタンを押すとタイマーが切れます。

 

 

臭いチェック、ツインバードの空気清浄機を使った部屋の

ツインバードの空気清浄機AC-D358PWを使った部屋の臭いをチェックしてみました。

 

チェック方法としては寝て起きてからと、仕事に行って帰ってきてからを調べました。

 

通常、空気清浄機をつけていないと寝て起きると、寝ている間の呼吸や汗とか体臭とか部屋の熱気や湿気も足して気持ち悪い感じがあります。

 

いったん部屋を出て顔洗ってから部屋に戻ると余計に自分の汗や呼吸で空気が臭っているかがわかります。

 

消臭剤をスプレーしたり、部屋に設置しても解消できますが、空気清浄機を寝る前につけて寝てみたらどうでしょうか?

 

やってみました。

 

起きてからしばらくボーとしている間とか、いったん部屋を出て顔を洗って部屋に戻ってもムワっと汗や呼吸や体臭の臭いは特に感じられませんでした。八月だったというのもあって、熱気や湿気のムワっとした不快感はありましたが、臭い的な不快感は私は感じられませんでした。

 

 

追記、ツインバードの空気清浄機で食後のにおいの消え具合を検証しました

ツインバードの空気清浄機の食後のにおいを消すスピードはどのくらいなのかを調べて見ました。

 

といっても私の嗅覚の感覚での判断なので参考までにとどめてください。

 

部屋の広さは6畳です。

 

{ツインバードと食事のにおい}麻婆豆腐にキムチに納豆と臭いが強そうなものを集めまてみました

 

{食後5分後}
約五分後に食事終了しました。10時30分これから始めます

 

{食後にターボの風量で検証}

 

風量を最大のターボに設定してスタートです。

 

部屋から出て別の部屋の空気を吸って、また時間をおいてから鼻で息を吐ききってからまた部屋に入って調べてみます。

 

{2分後の部屋のにおい}
約2分後の10時32分でまだ臭いがあります。キムチや麻婆のにおいがまだします。

 

{さらに1分後}
さらに1分後の10時33分でまだあまり変わった感じはしません。

 

{さらに2分後}
2分経って10時35分でちょっと減ったかなと思う程度です。まだ気になります。

 


10時38分で結構気にならなくなってきました。かすかにまだ麻婆のにおいはありますが、食後という感じではもうないです。

 


10時39分でもまだ麻婆のにおいは感じますが、しっかり臭いをかいで感じるくらいなので、この辺で終了します。

 

約10分くらいでマーボーやキムチなどの食事のにおいは私は気にならなくなってきました。

 

追記、ツインバード空気清浄機AC-D358に100均の使い捨てフィルターを使った

 

100均ショップで販売されている使い捨てフィルターをツインバードの空気清浄機AC-D358にも使えるのか?実際に購入して使ってみました。

 

ダイソーで購入した使い捨てフィルター
{daisoの空気清浄機用使い捨てフィルター}

 

これは背面吸気タイプ専用と記載されています。

 

ツインバードのAC-D358は前面の吸気タイプなので使えなさそうです。

 

無理やり使えそうですが、危なそうなのでこれは別の空気清浄機に使います。

 

 

 

セリアで購入した使い捨てフィルター
{セリアの空気清浄機用使い捨てフィルター}

 

裏面を見ると前面吸気タイプと書かれて解説があるのでこれに従ってやってみます。

 

前面のカバーを外します。
{ツインバードの空気清浄機のカバーを外した状態}

 

外すとこんな感じでフィルターが出てきます。

 

ここに使い捨てフィルターをかぶせれば良いということらしいのでやってみます。

 

袋から取り出すと折りたたまれている使い捨てフィルターが出てきます。
{使い捨てフィルターの袋を開けた状態}

 

広げてみるとこのくらいの大きさ、大きいですね、ツインバードの空気清浄機よりも大きいので、切って貼れば使えそうです。

 

 

ハサミではみ出さない程度に切りました、このくらいです。
{ハサミで使い捨てフィルターを切った}

 

シートをはがせば粘着ではれるので、シートをはがして指でなぞりながら両横の端の部分をくっつけていきます。
{切った使い捨てフィルターをツインバードの空気清浄機に貼り付け}

 

 

上部はくぼみがあるので、くぼみに沿わせてまた指でなぞって貼り付けました。

 

下部もくぼみがあるので、こちらも上部と同様にくぼみにそわせて貼り付け

 

カバーをつけてこのままつかえばOKです。

 

一か月くらい使ってみます。

 

どのくらいホコリなどがつくのか?とか、はがれたりしてないか?とかまた追記で書きたいと思います。

 

ツインバードの空気清浄機AC-D358PWの音はどのくらい大きいか少しずつ離れて聞いた感想

 

音がどのくらい大きいのかを聞いてみました。
ターボの場合

 

ボタンを押せるほどの近くだとゴーととても大きい音でここで例えばテレビを見たりスマホで動画を見るとうるさくて音が入ってこないし、気になって集中できません。

 

こんどは少し離れた位置から聞いてみて
ターボ音少し離れた位置で聞いた
このくらい離れると少しだけ気にならなくなりはしますが、ターボ音自体は大きいので、この位置からテレビやスマホの動画を見たりはできますが、空気清浄機のターボの音も気になります。

 

さらに離した位置で聞いてみて
さらに離れた位置からターボ音を聞いて
さらに離してみてスマホで撮影しているのでわかりづらいですが2Mくらい離して聞いてみると、まだちょっと気になるくらいの音量です。この位置からテレビやスマホの動画を見てても聞き取れますが、やっぱり空気清浄機の音も気になります。

 

結果からいうぼくのターボ音の感想は、ターボを使っているときはテレビやスマホ動画はイヤホンをつけるなどしたほうが良いと思いました。

 

扇風機の強に近い感じです。ずっと使っていれば気にならなくなるかもですが、使い始めは気になって仕方ないと思います。

 

ターボの使い方としては、自分が部屋にいない時に使うというのが一番いいと思いました。

 

例として家に帰ってきて部屋に入ってターボにする。そのあと部屋から出てお風呂に入るとかご飯作るとかをしている間にだけ使うと後でターボで奇麗になった空気の部屋を使うことができます。

 

もう一例としては寝て起きて外出する前のしたくをしている間にサッとターボにすると素早くしたく中に部屋の空気をきれいにできます。

 

とか自分がその部屋を使っていないときにササっとターボをかけて、奇麗にするのが僕のおすすめです。

 

注意点を画像と共にレビュー

使っていて気づいた注意点
タイマーとマイナスイオンは電源が入っている状態、静音、標準、ターボのいずれかのモードになっているときにしか使えません。
試しにマイナスイオンを押してもボタンが光らないのでオンになっていません。

 

ツインバード空気清浄機のマイナスイオンボタンランプがつかない

 

 

これは、面倒くさいからマイナスイオンとタイマーを常につけっぱなしにして置こう、忘れないように先につけておいた状態にしておこうということができないということです。

 

電源を入れたら、風量を設定して、タイマー、マイナスイオンをそのたびに忘れないように注意しましょう。

 

悪いところ、良いところ

悪いところは価格が安いからか、対応面積が12畳と個室向きですが広いリビングなど対応面積が足りない時があるところだと思いました。

 

あとターボの音が大きいところ、でもターボならその分音が大きくなるのは、どの空気清浄機を選んでも、空気清浄機じゃなくてもターボにすればその分音は大きくなるのでしょうがないとも思います。

 

加湿機能もついていないので、加湿付きの空気清浄機を使いたい方にとってはダメかもしれません。

 

良いところは、一万円以下でも本格的な空気清浄機を使えるところだと思いました。コンパクトタイプでもなく、形も一万円以上するメーカー品と一緒の形式で、形をコンパクトに機能を弱めて安い価格にしているわけではないところがとても良いと思いました。

 

 

私は今もまだ個室用に使用しています。いつか壊れて買い換えても一万円以下だし、フィルターも1.5年で約2,000円くらいと考えるとほとんどお金がかからなくて、その分空気清浄機以外の家電にお金をかけれています。

 

色々家電やら揃える必要がある方に、低価格で機能が良いこのツインバードD358はとてもおすすめだと思いました。

 

 

 

AC-D358PW ツインバード 空気清浄機

 

 

 



page top