シャープの空気清浄機FU-P50を実際に買って使った|レビュー

シャープ空気清浄機FU-P50のレビューブログ|実際に買って使ってみた

シャープの空気清浄機のFU-P50を実際に購入して使ってみたというレビュー記事です。

 

実際に買って使ってみた感想と画像ですので、参考になると思います。

 

記事はプロモーションを含みます。

 

FU-P50の基本情報と機能

基本情報としてこのFU-P50の機能は
プラズマクラスター7000を搭載しています。

 

部屋の空気清浄範囲が23畳
プラズマクラスターを使って14畳

 

大きさは

  • 幅   38.3cm
  • 奥行き 20.9cm
  • 高さ  54cm
  • 重さ  4.9s
  • コードの長さ1.8m

 

価格は2万円以下で購入できます。

 

私がFU-P50の良いと思うポイント

私がこの空気清浄機FU-P50の良いと思うポイントは、シャープのメーカーだということがまず第一です。
シャープは普通の風だけでなく、プラズマクラスターを使って空気清浄するからです。

 

加えて私の場合は加湿機能は別で加湿器を使っているので、加湿機能なしの空気清浄機である
ことも理由の一つです。
このFU-P50は加湿なしのバージョンでP50の加湿ありのバージョンもあります。

 

FU-P50を実際に使いながら

まずは、正面はこんな感じ
{シャープFU-P50}

 

次に上から見るとボタンなどはここにすべてあります。
{FU-P50上から}

 

操作ボタンがここの部分に全て揃っていて、電源のオン、オフや風量の調節などができるみたいです。
{FU-P50操作ボタン}

 

後ろの面はフィルターがメインですね。こちらの後ろの面から空気を吸い込見ます、こういった背面フィルタータイプは、空気清浄機を配置するときは壁にくっつけないようにすると吸い込みを邪魔しないので効率的だと以前テレビで見ました
{FU-P50の後ろ}

 

横です。横は特に機能はありません。
{FU-P50の横}

 

横の下にはフィルターの交換時期の目安と電圧や何年製かとかこの空気清浄機の表示シールが貼ってあります。
{FU-P50の表示シール}

 

早速使ってみます。電源をオンにするのはこの電源入り切りのボタンを押します。
{電源オン}

 

風量が自動のところが緑色に光りました。電源をオンにするとまずは風量が自動モードになるみたいです。
{自動}

 

今度は風量の調節してみたいのでこの風量ボタンを押してみます。
{風量ボタンを押すと}

 

一回風量ボタンを押すと静音モードになりました。
{静音モード}

 

もう一度押すと風量が中になりました。これが標準の風量みたいですね。音もうるさくなく、静かでもなくといった具合です。
{風量中}

 

もう一度風量ボタンを押すと、強になりました。音と風量は標準より激しめですが、その分部屋の空気を吸い込んでいる気がします。
{風量強}

 

パワフル集塵のボタンがあります。強よりもさらに強力だそうなので、私の場合あまり使わなそうですがちょっとつけてみます。
{パワフル集塵のボタン}

 

強よりもパワーが強く、音もとても大きいです。
パワフル集塵機能

 

モニターの光を点灯するには、先ほどのパワフル集塵のボタンを3秒長押しすると、書いてあります。

 

最初に電源を入れると点灯しているので消してみます。
{モニター点灯}

 

消灯するにはまた同じく、パワフル集塵のボタンを3秒長押しします。
{消灯ボタン長押し}

 

上から見える光が消えました。
{消灯1}

 

正面からの光も消えました。
{消灯2}

 

点灯させます。
{点灯長押し}

 

再び点灯しました。
夜寝るときにこのくらいの光はちょうどいいです。間接照明替わりです。

 

天井の照明を利用しているときはあまり意味ないと思いました。
{点灯}

 

フィルターの交換などをするときはこれを外します。
{フィルター}

 

こんな感じで簡単に外せます。
{プレフィルターを外す}

 

フィルターの交換に関して使用していて思うこと

購入したばかりなので交換はしませんが、交換する時が来たらこの記事に追記で書こうと思います。

 

フィルターの交換はFU-P50の場合、目安として10年と記載があります。

 

家電を10年も使っていたら充分なので、交換時期になると、空気清浄機本体の寿命も考慮に入れると本体ごと買い換えたほうが良いかもと思いました。電源部分とか、コードとかの劣化を考えるとフィルターを交換して新品にしても本体が故障してしまっては意味がありませんから。

 

追記、食べ物の臭いは消えるのかシャープの空気清浄機FU-P50でチェック

部屋内の食べた物の臭いがどのくらいで消えるかを実際にシャープの空気清浄機FU-P50を使って確かめてみました。

 

実験に使ったのはこの食べ物
{臭いチェック用キムチカレー納豆}
焼きそば、納豆、キムチ、カレー、焼きおにぎりです。

 

結構においが強いものを選んだつもりですがさてどうなるでしょうか?

 

約10分くらいで食事を終えて、空いたお皿を部屋から下げてからスタート

 

空気清浄機を起動してモードは自動にします。

 

{臭いチェック自動モード}

 

これで部屋を出てドアをしっかり閉めて一分おきに入って鼻で吸ってみて臭いを確かめるという大雑把な企画です(笑)

 

でも緻密に数字で測るよりも、このくらいの大雑把さのほうが、生活をしていて臭うかどうかを調べるには良いのではないか?と思い確かめることにしました。

 

1分後ドアを開ける前に鼻で息を吐ききってから、ドアを開けて部屋に入り吸います。

 

まだ臭いが残ってます。

 

さらに1分後の2分経過で、また同じようにしてから部屋に入ってみて、まだ臭います。

 

さらに1分後の3分経過で、まだ臭いします。

 

またさらに1分後の4分経過で、まだしますけど、キムチとカレーの臭いだけ残っている感じです。

 

さらに1分たってもカレーとキムチはとれませんでした。といってもかすかに残っているという感じです。

 

ここで風量のモードを強にしてさらに5分まってみてまたドアを開けてみました。

 

{臭いチェック風力強モード}

 

カレーの臭いがほんのかすかにします(笑)ほんとにかすかにですけど、、

 

完璧に消すとなるともう少し時間がかかるかもですが、実験の食べ物のチョイスがいきなりたくさんで強烈すぎたかもです。

 

臭いがするものキムチ、納豆、カレーとたくさん食べたと考えればほとんど気にならないレベルになっているので、換気扇つけて、窓全開にしてドアも開けたのと同じくらいの効果はあるかと思います。

 

自動モードにしても風量はあまりなかったので、弱めだったと思います。ちょっと実験は失敗かもでした。

 

今回の実験でわかったことは、食事後のにおいを確実に早めに消したい場合は自動にお任せするのではなく、強やパワフル集塵にしたほうが少なくとも今回の実験のような長い時間はかからないと思います。

 

今度、ちょっと臭いを抑えてまた試すか、最初から強風かパワフル集塵で一分ごとに経過を確認のどちらかをしてみて、またここに追記で書きたいと思います。

 

実際に使ってみた感想まとめ

一通りの機能を紹介しながら使ってみて、またその後生活でも使ってみた感想を書きます。

 

部屋内の気になる臭いは本当に改善されました。

 

寝起きの部屋のにおいが私は嫌だったんですが、起きて歯磨き、顔を洗っている間にパワフル集塵を使っていたら、10分ほどで部屋に戻ると部屋に入った時の嫌な自分のにおいが気にならなくなっていました。

 

ただし布団や着るものなどを洗濯していないと臭いの発生源自体の改善ができるわけではないので、空気清浄機をオフにしてしばらくするとまた臭ってきますが・・・

 

空気清浄機の効率をよくするために、普段の部屋内の清掃や布製品の洗濯、洗浄をしっかりして、空気だけでなく部屋内の物を奇麗にするようになりました。

 

あとはご飯やお菓子などを部屋で食べた後などに、ちょっと強モードやパワフル集塵にして、食べ物の臭いが気にならなくなるくらいまで使ってから消すという使い方もしました。

 

他には部屋内で掃除機をかけて、空気中に舞い上がったホコリなどを吸い込むように、掃除機をかけ始めから、掃除機掛けが終わってしばらく何分かの間だけつけていました。

 

このように私の場合普段から自動モードでつけっぱなしに使うのではなく、ポイントポイントで強めのモードでササっと使っていました。

 

ハウスダストや花粉やペットのにおいなどが気になる方は、ポイントポイントではなく、つけっぱなしのほうが良いと思います。

 

結果的にホコリや臭いなどはっきりわかる形の物は良くなった生活をおくれるようになりとっても満足できてFU-P50を買って良かったと思いました。

 

 

 

空気清浄機 シャープ FU-P50-W ホワイト系 SHARP (〜23畳まで)

 

 

 



page top