3万円以下の2万円以上の空気清浄機

空気清浄機を3万円以下2万円以上から選ぶ方用特集

3万円

空気清浄機の中から、2万円以上から3万円以下限定で特徴とおすすめをしょうかいします。

 

特徴は、3万円以下になると、空気清浄できる適応面積が広い物が多いです。またシャープのプラズマクラスターの放出量が安い物よりも多いとか質が上がっているタイプもあります。

 

では実際にこの価格帯は、どんな空気清浄機があるのかを見てみましょう。

 

 

3万円ではなく他の価格帯も見てみたい方はこちらの関連記事もあわせてどうぞ

 

 

シャープの空気清浄機の3万円以下は2万円以下より、プラズマクラスター量が多いのが特徴です。


シャープの空気清浄機で2万円から3万円以下の物を3つしょうかいします。

 

  • 加湿空気清浄機KI-JS40W
  • 加湿空気清浄機KI-LS50-W
  • 加湿空気清浄機KI-LS70-W

の三つです。この三つの大きな違いは対応面積です。

 

共通面はプラズマクラスターの量が25000という事とスピード循環気流という空気清浄方法が一緒です

 

では一つ一つ見てみましょう

 

シャープ加湿空気清浄機KI-JS40W

 

シャープの加湿空気清浄機KI-JS40Wの価格も2万円以上の3万円以下です。

 

プラズマクラスターが25,000個/?

 

スピード循環気流はプラズマクラスターで静電気を除電して、微細な粒子の付着を抑制できます。これでくっついて取りにくいとかで吸い込めないが少なくなるという事です。

 

KI-JS40Wの対応面積は

  • 空気清浄が18畳
  • プラズマクラスターが約10畳
  • 加湿の洋室が12畳
  • 木造和室が7畳

 

8畳の空気清浄に必要な時間が約15分

 

KI-JS40Wのサイズは
重さが6.8s
幅28cm
奥行26cm
高さ62.2cm

 

最大風量4?/分

 

KI-JS40Wのフィルターは一つで
集塵・脱臭一体型フィルター

 

空気清浄時の消費電力 強33 中11 静音3.3
加湿時消費電力 強33中11静音3.3

 

シャープ加湿空気清浄機KI-LS50-W

 

シャープの加湿空気清浄機KI-LS50-Wも価格が2万円以上3万円以下です。

 

プラズマクラスターが25,000個/?

 

KI-LS50-Wの対応面積が

  • 空気清浄が23畳
  • プラズマクラスターが13畳
  • 加湿の洋室15畳
  • 木造和室9畳

 

8畳の空気清浄に必要な時間が約12分

 

KI-LS50-Wのサイズは

  • 重さが8.9kg
  • 幅34.5cm
  • 奥行26.2cm
  • 高さ63.1cm

 

最大風量5.1?/分

 

KI-LS50-Wのフィルターは3つで

  • 静電HEPAフィルター
  • ダブル脱臭フィルター
  • 防菌・防カビ・ホコリブロックプレフィルター

 

空気清浄消費電力 強64 中10 静音3
加湿時消費電力 強53 中23 静音4.8

 

シャープ加湿空気清浄機KI-LS70-W

 

シャープの加湿空気清浄機KI-LS70-Wも2万円以上で3万円以下の価格で購入できます。

 

プラズマクラスターが25,000個/?

 

KI-LS70-Wの適応面積が

  • 空気清浄が31畳
  • プラズマクラスターが19畳
  • 加湿機能の洋室が19畳
  • 木造和室が12畳

 

8畳を空気清浄するのに必要な時間が約9分

 

KI-LS70-Wのサイズは

  • 重さ約11kg
  • 幅40cm
  • 奥行33.9cm
  • 高さ68.6cm

 

最大風量7?/分

 

KI-LS70-Wのフィルターは3つで

  • 静電HEPAフィルター
  • ダブル脱臭フィルター
  • 防菌・防カビ・ホコリブロックプレフィルター

 

空気清浄消費電力 強66 中22 静音4.6
加湿消費電力 強35 中24 静音5.2

 

プラズマクラスターや静電HEPAフィルターが特徴だと思うので、それに加えて三種類の適応面積からあなたの使う予定の部屋の広さに近い物があればおすすめです。

 

 

パナソニックの空気清浄機の3万円以下はホテル用でナノイーの機能で18畳

 

パナソニックの空気清浄機で3万円以下は、F-VX40H3-Wです。

 

対応面積は空気清浄で18畳
加湿機能付きだと洋室10畳木造和室6畳です。

 

ちょっとシャープと比べると対応面積が狭いですが、これより対応面積が広いパナソニック製は3万円を超えるのでこのページでは紹介しません。

 

2万円以上で3万円以下で購入できるパナソニックの空気清浄機となると、この対応面積が18畳の物

 

8畳を清浄するのにかかる時間は約15分

 

シャープ製に比べて、パナソニック製の方が価格が高めです。

 

機能としては、ナノイーという機能を使っているのが一番の特徴です。

 

ナノイーは簡単に言うとイオンを使って有害物質を抑制する機能で、シャープだとプラズマクラスターに当たる機能です。

 

パナソニックナノイー空気清浄機F-VX40H3-Wのフィルターは脱臭と一体型の、HEPA集じんフィルターを使っていて5年間交換不要です。

 

F-VX40H3-Wのサイズが

  • 幅が33cm
  • 高さが59cm
  • 奥行が25cm
  • 重さが7.2kg

 

ナノイーが一番の空気清浄の特徴だと思うので、それと合わせて他の家電でもおなじみのパナソニックで揃えたい方などにおすすめです。

 

 

 

ダイキンの空気清浄機の3万円以下は、ストリーマ、アクティブプラズマイオン機能つきで19畳

 

ダイキンの3万円以下で2万円以上の空気清浄機は、ダイキンストリーマ空気清浄機MCK40X-Wがあります。

 

適応面積は19畳です。加湿でも19畳

 

ダイキン御空気清浄機の特徴の一つは、加湿でも空気清浄と同じ適応面積だという所です。他のメーカーを見るとわかりますが、加湿の方が空気清浄よりも適応面積が狭いです。

 

広範囲まで加湿したい方はダイキンを選ぶことをお勧めします。

 

 

パナソニック製と同じでこれよりも適応面積があるダイキン製はあるのですが3万円を超えるのでここでは紹介しません。

 

空気清浄にダイキンはダブル方式としてやっていて、ストリーマとアクティブプラズマイオンを使っています。

 

ストリーマは空気清浄機に吸い込んだ有害物質を分解する機能で、アクティブプラズマイオンは空気中に飛ばして、有害物質を抑制したりする機能です。

 

 

 

8畳を清浄する時間は約15分

 

MCK40X-Wのサイズ

  • 高さが70cm
  • 幅が27cm
  • 奥行が27cm
  • 重さが9.5kg

 

 

ダブル方式の空気清浄が一番の特徴なダイキンなので、空気中と吸い込んだ空気両方に効かせたい方におすすめです。

 

 

アイリスオーヤマの空気清浄機の3万円以下は適応面積がとても広いく8畳を8分で清浄できる

 

アイリスオーヤマ製の空気清浄機で2万円以上、3万円以下の物は、IAP-A100-Wです。

 

適応面積は36畳とこの広さを3万円以下の空気清浄機で提供できるのはさすがコスパのアイリスオーヤマといったところでしょうか。

 

8畳を清浄するのにかかる時間は約8分

 

本体の左右と背面から、汚れた空気を吸い込みます。360℃からは吸い込みませんが充分広範囲からの吸引だと思います。

 

風量は5段階で調節可能で、ターボとおやすみモードあり。

 

集塵脱臭フィルターはHEPAではありませんが0.3μmの物質を99.97%キャッチできるそうです。

 

IAP-A100-Wのサイズは

  • 高さが76.3cm
  • 幅が31cm
  • 奥行が31cm
  • 重さが10.2kg

 

36畳の対応というのと

 

 

 

ブルーエアの空気清浄機の3万円以下は39畳適応と高機能HEPAの二つがあるのが特徴

 

ブルーエアの3万円以下の空気清浄機は2つあってBluePure231とBluebyBlueair3000シリーズの3210があります。

 

BluePure231適応面積が39畳と今回紹介する中で一番広い適応面積です。

 

360℃の全方向から空気を吸引することができます。

 

8畳を清浄するのにかかる時間は約8分

 

フィルターが変わっていて、プレフィルターにパーティクルフィルターとカーボンシートをつかっています。

 

パーティクルフィルターが集塵フィルターと同じような役割があって、アレル物質、花粉、カビなど小さな粒子をキャッチします。

 

カーボンシートは生活臭を低減と説明されているので、消臭フィルターの役割を果たしているのだろうと思います。

 

ちょっと名前と形が違うのですが、用は小さな粒子と臭いにもしっかり対応しているフィルターという事です。

 

 

プレフィルターがカラーで5色から選べるところが大きな特徴の一つです。

 

ピンク、黄色、青、白、黒の五種類です。

 

BluePure231のサイズは

  • 高さが52.2cm
  • 幅が33cm
  • 奥行が33cm
  • 重さが約7s

 

適応面積が39畳と広いのと360℃全方向から吸い込むのが一番の特徴だと思うので、広い部屋で使う空気清浄機を探していた方にお勧めです。

 

 

Bluebyblueair3210の適応面積は15畳とちょっと狭めに感じます。

 

 

同じブルーエアの空気清浄機なのに39畳の広さに対応しているのとなぜこんなに違うのかと思って他の機能を見てみたら、フィルターの機能がとても優れていました。

 

へパサイレントテクノロジーといって0.1μm以上の微粒子を99.97%除去することができるそうです。

 

0.1μmはすごいです。先に紹介したブルーエアのBluePure231の方は0.3μmでしたから、より微細な物もしっかり除去できるというのは、空気清浄機としての本質の部分の機能の質が、とても優れているという事だと思います。

 

8畳を清浄するのにかかる時間は約17分です。

 

このBluebyBlueair3210のプレフィルターも5種類の色から選ぶことができて、

  • ダークグレー
  • ブルー
  • グリーン
  • ライトグレー
  • ピンク

の5色があります。こういう遊びの部分があるのもオシャレでいいなと思いました。

 

BluebyBlueair3210のサイズは

  • 高さが42.5cm
  • 幅が20cm
  • 奥行が20cm
  • 重さは1.7kg

 

へパサイレントテクノロジーが一番の特徴だと思うので、フィルター機能の質を重視している人におすすめです。

 

BLUEAIR ブルーエア 空気清浄機 Blue by Blueair 3000シリーズ 3210 3210 [適用畳数:15畳 /PM2.5対応]

 

 

 

まとめ、3万円以下の中から、適応面積とオリジナルの機能で空気清浄機を選ぶ

ここまで3万円以下の空気清浄機をメーカー別でいくつか見てきましたが、同じ価格帯でも機能など特徴の違いがある事がわかります。

 

大きく違うのは適応面積が違うというところです。

 

適応面積はとても大事です。だってあなたが使う部屋に対応していなかったら意味ないですから。

 

どんなに機能が良くても適応面積が足りないと、その機能が充分に発揮されないので、価格だけを見るのではなく、適応面積が自分の空気清浄機を使う予定の部屋の面積に合っているのかを調べましょう。

 

次にフィルター機能や空気清浄機能のメーカーのオリジナル機能を見てみましょう。

 

プラズマクラスターとか、ナノイーとかへパサイレントテクノロジ―とかです。カタカナ用語が多いですがこれらの機能を良く理解して、あなたが一番欲しいと思た機能がついている空気清浄機を選ぶと良いと思います。

 

まとめると、3万円以下の空気清浄機の中から、適応面積があっていて、欲しい機能があるメーカーの物を選ぶです。

 

もちろん物足りなければさらに上の価格帯を調べてみて、もうちょっとお金がたまってからそちらを買うとか、もう少し機能が落ちても良いから2万円以下の空気清浄機を見てみようでも良いと思います。

 

まずは価格帯ごとの空気清浄機の特徴をしっかりと把握して、あなたが欲しい物がどれなのかを決めることができるかが大事です。

 

参考にどうぞ。


page top