2万円以下限定のおすすめ空気清浄機

二万円以下の空気清浄機ランキングを人気、機能から評価まで

人気の空気清浄機ランキングの画像

 

空気清浄機を徹底比較ランキング
シャープやアイリスオーヤマや±0など、今売れてきている物や、レビュー数が多く人気が高いのはどれだ。

 

2万円以下で、一万円台の空気清浄機が大人気です。

 

2万円以下の人気の空気清浄機をランキングで紹介

空気清浄機の中でも今売れてきている物やレビュー件数が多い物を調べました。

 

二万円以下の各メーカーの空気清浄機から、色々なネットショップのレビュー件数や評価を参考にして、人気ランキングを作りました。

 

各特徴、優れているところを記載し、比較しているので、人気関係なしの空気清浄機の比較ページとしても参考になると思います。

 

ランキング後の最後にはそれぞれを比較して、どれのどこが優れているのかを分かりやすく比較しました。

 

レビューや評価は個人の感想なので、絶対ではありませんが、空気清浄機選びの参考になると思います。

 

シャープのプラズマクラスター搭載加湿空気清浄機KC-30T7

空気清浄機ランキング1位トーカ堂プラズマクラスター7000KC-30T7

 

二万円以下で、人気の空気清浄機ランキングの1位は、TVショッピングでおなじみのトーカ堂オリジナルモデルシャープの空気清浄機KC-30T7です。

 

ランキング1位の理由は、累計で120万台も売れたという大ヒット商品です。

 

レビュー件数もとても多く、私が調べた時は5,900件以上ありました。

 

この後紹介する2位の方もシャープの空気清浄機ですが、レビューをもとにした人気ランキングでは、こちらのKC-30T7の方を1位にさせていただきました。

 

では基本的なKC-30T7の機能から紹介します。

 

シャープの加湿空気清浄機KC-30T7の基本機能

シャープの空気清浄機といえば、プラズマクラスターが搭載されています。

 

このプラズマクラスターによって、浮遊しているアレル物質を抑制させる効果があると言われています。

 

またPM2.5にも十分対応していて、細かい粒子も逃さないです。

 

このKC-30T6はプラズマクラスターによって、浮遊ウイルスの99パーセントを除去する機能があります。

 

除電機能もあり、除電して、静電気をなくして、壁などにくっついているほこりなどを吸い取りやすくします。

 

集塵機能はそれだけでなく、本体の背面からガボッと吸引する、背面ワイド吸引もあります。

 

風量は静音、中、強の3段階があり、それぞれ1分間に

  • 静音0.9立方メートル
  • 中2.1
  • 強3.2

です。

 

風量の調節だけでなく別に、パワー浄化ボタンも付いていて、通常に使うよりもパワーを上げて空気清浄できる点も魅力の一つだと思います。

 

風量の調節ができると家に帰ってきてから、ハイスピードで部屋内を綺麗にできるのでうれしい機能ですよね。

 

8畳を約19分で浄化するそうです。

 

また温度や湿度の表示もされているので部屋の状態の確認に便利です。

 

KC-30T7のフィルターは3つの機能

フィルターは脱臭フィルターに、静電HEPAフィルターとミクロンメッシュプレフィルターが三つもついていて、集塵した物質の捕獲と脱臭で確実に部屋内のアレル物質を減らします。

 

部屋中の空気を取り込んでも、フィルターがしっかりしていないと、ホコリや花粉、臭いなどをしっかり捕まえることができません。このくらいしっかりしているフィルターなら安心ですね。

 

対応面積は?

空気清浄機の適用面積は14畳、プラズマクラスターの適用面積は11畳と少し狭めです。

 

ですが、広いリビングにお住まいでもない限り充分の対応面積といえると思います。

 

電気代も安い

使用している時の電気代も運転モード静音で一時間で0.08円、中モードでも0.27円、強モードで0.7円ととタダ同然の省エネです。

 

カラーは?

トーカ堂KC-30T7はブラックとホワイトの2種類のカラーがあります。一択でなく好みの方を選ぶことができるのは、意外と嬉しいです。

 

KC-30T7の大きさと重さは?

大きさは、幅が38cm 奥行が19.7cm 高さが57cmです。

 

重さは6.8sとまあまあの重さだと思います。加湿機能もあるので、水を入れるともう少し重くなりますね。

 

使う部屋を固定していていれば、設置すれば動かす必要がありませんが、部屋を移動して使う場合は少し重くておっくうかもしれません。

 

KC-30T7は2万円以下の価格で激安で、送料無料

トーカ堂シャープKC-30T7の価格を見てみましょう、価格は販売店や時期で変わったりするので、目安としてみてください。詳細の価格を知りたい方は、販売サイトをチェックしてください。

 

価格は税込でも約16,000円台と2万円以下で、さらに送料無料とうれしい限りです。

 

シャープ製の空気清浄機で、この価格の安さと送料が無料と、低コストで購入できるところも人気の要因だと思います。

 

送料を払うか払わないかでも500円、1000円の違いがありますから、なるべく安く購入を考えているのなら、送料が無料かどうかは大事なポイントだと思います。

 

さらに1,000円オフになるクーポンたまに付いていることがあるので、そのクーポンを使えばさらにお得な価格にすることができるのでおすすめです。

 

では実際にプラズマクラスターの機能が付いているシャープのKC-30T6が効果があるのかを、実際に購入して使った方のレビュー、口コミを見てみましょう

 

シャープの空気清浄機KC-30T6のレビュー、口コミから参考になる事を探す。

ネットショップで実際に購入して使った方のレビュー内容をまとめて、どんなだったかを調べました。

 

レビューなので、あくまでも購入者、使用者の個人的な感想なので、実際にあなたが使ったときにその効果を発揮するか、実感できるかは別ですが、同じ人間、こういう感想を持った人もいるという参考にはなると思います。

 

病気や臭いなどへの効果についてのレビューのまとめ
  • ぜんそくの発作が緩和された
  • アレルギー体質だけど少し楽になった
  • 空気がおいしくなる
  • タバコ一本吸うだけで反応してくれる
  • 風邪を引くことが減った
  • 洗濯物の臭いが無くなった
  • 使ってから子供がくしゃみをしなくなった

など使った方が、それぞれの病気やアレルギー、臭いなどの悩みが解決されていたことがわかります。

 

プラズマクラスターの機能で、アレル物質を抑制したり、集塵機能で部屋の中の原因物質が、多少なり減っているという事だと思います。

 

使いやすさについてのレビューのまとめ
  • 操作が簡単で扱いやすい
  • 運転中の音も気にならないので、寝室用にも良い
  • 少しは音がするが静かな方
  • 空気の清浄を色で確認出来て便利

音は静音で、操作も複雑でなく簡単で、状態も見やすい親切設計なのがわかります。

 

購入理由
  • ポイントバックもありやすく購入できた
  • トーカ堂TVショッピングで気になっていて購入
  • 量販店で購入するより安い
  • 手頃な値段で、充分な機能で満足
  • 家族へのプレゼントとして購入しました
  • クーポンとポイントを利用してさらに安く購入することができました。

元々価格が一万円台と安い事がすごいのですが、それに加えて、送料無料で、1,000円オフのクーポンにポイントまで利用してさらに価格を下げる技を使っている方もいました。

 

最大で約5,900のレビュー件数があり、五段階評価のところで4でしたので、高評価の空気清浄機だと思います。

 

シャープの空気清浄機というだけでなく、そこに価格の安さを追求して、時期によってクーポンまでつけたりと至れり尽くせりなところが魅力だと思いました

 

 


 

 

シャープのKC-J50

空気清浄機ランキング2位はシャープの加湿付き機能のKC-J50


人気の空気清浄機ランキング2020の2位は、シャープのプラズマクラスター搭載加湿機能付き空気清浄機KC-J50です。

 

機能やレビューなどを見ていきましょう。

 

 

KC-J50の機能

プラズマクラスター7000を搭載していて、スピード循環気流背面ワイド吸引が特徴です。この機能で素早く部屋中の空気を入れ替えます。

 

8畳の広さを、約12分の速さで浄化します。

 

一位のトーカ堂のシャープ製よりも機能が上です。

 

またホコリセンサーをより機能を強化していて、今までより小さい粒子も見逃さずに検知して、吸い込むことができます。

 

フィルターも3段式で静電HEPAフィルターで0.3μmまでの小さい粒子をキャッチ

 

ダブル脱臭フィルターでタバコや体臭に汗臭の臭いも吸着

 

ホコリブロックプレフィルターで内部に余計なホコリをため込まないようにすることで、他のより微細な物の集塵機能を低下させずに済むことができるようになりました。

 

つまり今までのシャープ製よりより、臭いやホコリ、花粉などをフィルターで捕らえることができるようになったというわけです。

 

フィルターの掃除が簡単で交換目安も10年もあるシャープのKC-J50

またフィルターの掃除は掃除機で空気清浄機の背面にあるホコリブロックプレフィルターを掃除すれば良いだけです。フィルターの取り外しがないのは普段の手入れがすごく楽になっていいと思います。

 

KC-J50の対応面積

プラズマクラスターの対応面積は13畳までで、空気清浄の対応面積は23畳目までです。

 

一位の物と比べると少し適応面積が広いです。23畳は広いですね。広い家のリビング用にも対応しているといえます。

 

大きさと重さ,電力音の大きさ

KC-J50の大きさですが、幅39.9 奥行23 高さ61.3センチメートル

 

重さが7.5sです。

 

電気代は最大で1時間54Wです。

 

KC-J50の口コミ、レビューを調べて簡単にまとめました

次にネットショップのレビューを調べて、内容を簡単にまとめました。

  • 前々から欲しいと思っていたのですが引っ越したのを期に購入しました
  • 大きめだけど広い範囲で効いてる

  • 加湿機能も除菌タイプなので安心
  • ボタンなども大きめで操作しやすい
  • 音が静かで寝るときも全く気にならない
  • とてもいい商品、買ってよかった
  • かなり臭いが取れる
  • 通常動作の時の音は気にならないです
  • 実家の両親にプレゼントして喜ばれた

使いやすく、機能が優れていて、コスパが良いということなしの内容でした。

 

プレゼントにも手頃みたいですね。

 

KC-J50の価格

価格は安いところだと、二万円以下の約19,000円台一位の同じシャープ製と比べれば価格が高いですが、機能や対応面積はこちらが上です。お店によっては2万円をギリギリ超えている所もあります。

 

高い機能でも二万円以下で購入できるところが売りでもあると言えます。

 

送料は無料です。

 

一番新しい物より、その前の製品の方が安く、どんどん前の型になるほど安くなりそうなものですが、シャープ製の場合は、一番新しいものと3番目に新しい物より、2番目の方が価格が安いです。

 

現在はこのKC-J50ですね。今が狙い目という事です。

 

1位のKC30T7トーカ堂シャーププラズマクラスターと比較すると、2位のJ50の方が良いところもしっかりある

1位のトーカ堂のシャーププラズマクラスターと価格を比較すると、少し高い価格ですが、機能として対応面積が少し広いです。

 

1位のKC-30T7の方が価格が安いうえにクーポンやポイントなどの利用でさらに価格を下げたい方におすすめです。

 

空気清浄機 シャープ SHARP 加湿器 プラズマクラスター7000 KCJ50 KC-H50 の後継 ( 空気清浄23畳 加湿14畳 ) ホワイト系 抗菌 除電 脱臭 ウイルス ホコリ PM2.5対応 乾燥対策 KC-J50-W レビューCP500 おすすめ

 

 

Yihaiの七重空気清浄機V33

7つも機能がついた空気清浄機のV33

 

次に紹介する20000円以下の空気清浄機は、yihaiさんの7重空気清浄光触媒V33です。

 

まずなにより気になる7重の七個の機能から見てみましょう。

  1. 防塵網
  2. メルトブローフィルター
  3. 静電HEPA13Hフィルター
  4. 活性炭フィルター
  5. 光触媒
  6. UV除菌ライト
  7. 高濃度マイナスイオン

防塵網は30μmから70μメートルまでの物を捕らえる事ができるフィルターです。洗うことができます。要するに他の空気清浄機でもあるプレフィルターという物と似ていると思います。プレフィルターも洗えるし、大きなゴミやホコリなどを取るための機能ですから。

 

  • メルトブローフィルターは2.5?微細粒子を99.7%も捕らえることができるそうです。
  • 静電HEPAフィルターは0.3?超微細粒子を99.7%捕らえることができるそうです
  • 活性炭フィルターは炭で除臭力があります
  • 光触媒は0.1μmの細菌を99.8%分解して除去する機能です。
  • UV除菌ライトは0.1μmの細菌を99.8%殺菌する機能
  • 高濃度マイナスイオンは部屋中にマイナスイオンを放出します。

 

またマイナスイオン、UV除菌はタッチパネルでこれらのオンオフの操作もできます。なので、マイナスイオン要らないという方はマイナスイオンのタッチボタンを操作してオフにみたいなこともできるというわけです。

 

1時間あたりの風量は320?と多めの風量でしっかり、室内の空気を循環させます。

 

風量も調節したり自動にすることもできます。

 

対応面積が22畳から30畳ととても広い面積に対応しています。

 

タイマーは12時間の間で調節することが可能

 

またこれらのタッチパネルボタンはリモコンで操作することもできるので、空気清浄機の所に行って操作する必要もありません。

 

重さは4.4kgでサイズが330×200×630oです。

 

保証期間は1年

 

7重空気清浄機のレビューを調べて簡単にまとめました。

 

  • ディスプレイに数値が表示されるので安心できる
  • 音も静かで空気の状況もわかるから良いと思う
  • 機能も充実していて満足している
  • 購入してよかったです。
  • 使い勝手がとてもいい
  • お安く購入できて満足
  • ディスプレイで空気の汚れ具合がわかるので良い
  • まあまあいいかと思う
  • スペックは良さそうだが知らないメーカーなので最後まで迷った
  • 見た目もシンプルでいい感じ
  • 思ったより大きくなくて軽い
  • 初期不良だったが対応してくれた

知らないメーカーなので迷ったという方がいました。シャープとかダイキンとか有名メーカーだと信頼できますよね。

 

【7重空気清浄 光触媒】 空気清浄機 ウイルス対策 花粉対策 PM2.5対策 U...

 

 

±0のX020

±0のX020はグッドデザイン賞も受賞した空気清浄機

 

次に紹介する±0のX020は、機能だけでなくデザインにもこだわって作られた空気清浄機です。グッドデザイン賞を受賞したこともあるそうです。

 

また本体の前面で集塵して本体の上から綺麗になった空気を放出するので、後ろを使わない分、部屋の隅などに置いても良いのでスペースを取って邪魔になりません。

 

背面とか360℃から吸い込んだり、放出したりするのも空気の入れ替えとしては効率が良いのですが、背面と部屋の壁の間に充分なすき間が必要になる分場所を取る事になります。

 

本体の奥行も13.2cmくらいしかなく薄いので、なるべく部屋の空いているスペースを減らしたくない方におすすめの±0の空気清浄機です。

 

本体の重さは4.8kgと軽めなので、持ち運びも楽な方だと思います。

 

フィルターは4層構造で

  1. 除菌フィルター
  2. HEPAファルター
  3. カーボン脱臭フィルター
  4. カテキン除菌フィルター

 

交換は二年が目安です。

 

モード切替ボタンで自動、静音、標準、急速、花粉の五つのモードがあります。

 

タイマーボタンも付いていて一時間、二時間、四時間の三種類から選ぶことができます。

 

また空気の汚れ具合がランプの色でわかるようになっています。

 

対応面積は15畳と結構広いです。

 

価格は販売店にもよりますが、税込みで20,000円以下の約17,000円くらいで送料が無料です。

 

±0のX020を購入使用した方のレビューをまとめました

 

  • シンプルでかっこいいのでインテリアにもなじみました
  • よく見る空気清浄機よりも小さく圧迫感がない
  • シンプルなデザインで部屋に溶け込んで良かった
  • インテリアを邪魔せず家電ぽく無くて気に入りました。
  • プレゼント用に購入、喜んでくれました
  • 部屋を移動するたびに持ち歩くけど重くなくて助かります
  • 睡眠時につけている
  • 初の空気清浄機で悩んで購入したが、今のところ満足です
  • 余計な機能が付いていない簡単な作りで使いやすい
  • 帰宅後きている物をバサバサやっても反応しないのできちんと吸い込んでいるかは謎

デザインでの評価が他のレビューを見ても高かったです。シンプルとか馴染むとかです。デザインといっても色々なので、派手なのが好きな方には物足りないかもですね。

 

あとは軽くて小さいので持ち運びが楽だというレビューもいくつかありました。

 

 

空気清浄機 【温湿時計モルト+高機能雑巾2枚のおまけ特典】 ±0 空気清浄機 X...

 

 

LOWYAのboltz

0.1μmまでの小さな粒子をキャッチする高機能のboltz

 

二万円以下で購入できる空気清浄機ランキングの4位はLOWYAのboltzです。

 

バカマジメがキャッチフレーズのこのboltzは、0.1μmまでの粒子を吸い込みキャッチすることができます。

 

加湿機能は付いていません。

 

基本的な空気清浄の機能に特化したのがboltzです。

 

では具体的な機能を見てみましょう。

 

6段階浄化システムで悪い物を完全カット

  1. プレフィルター
  2. 活性炭フィルター
  3. HEPAフィルター
  4. 光触媒
  5. UVライト
  6. マイナスイオン

6つのフィルター、除菌機能でアレル物質や臭い、菌などをカットします。

 

ここまで揃っているのはなかなかないです。

 

ダイキン製も0.1μmまで吸い込みキャッチする機能がありますが価格が高めです。

 

またフィルターで様々な物をキャッチして終わるのではなく、光触媒、UVライトにマイナスイオンまで出すので、普通のただ吸い込むだけの空気清浄機の機能より一歩先に進んでいるのではないでしょうか?

 

boltzの大きさと重さ、電気代など

boltzの大きさは

  • 幅32.4センチ
  • 奥行16.2センチ
  • 高さ40.9センチ

 

重さは約4.2sで背面に取っ手が付いているので、持ち運びはしやすいです。

 

消費電力は44W

 

boltzの価格は一万円台前半で安いのに保証も付く

boltzの価格はお店によりますが約13,000円くらいです。

 

さらにメーカー保証が1年間付きます。

 

加湿機能がない分価格が下がっていてとても安いです。そのうえ保証一年なので、至れり尽くせりです。

 

boltzの口コミ、レビューを調べて簡単にまとめました

  • 寝て起きて鼻のムズムズがなく感動した
  • 全てがシンプル、使いやすい
  • 軽くてスタイリッシュでシンプルな設計
  • 部屋が臭くないから効果があるみたい
  • 音は最大にしなければ気にならず、睡眠の邪魔にならない
  • コンパクトで使いやすい
  • 効果はまだわからない
  • テレビを見ながらでも気にならない

 

機能が良いのもそうですが、コンパクトなこと、シンプルな事も良い評価としてあげている方もいらっしゃいました。

 

機能プラスαがあって良いですね。

 

優秀だけど対応面積が狭めのboltzは一人部屋におすすめ

その代わり対応面積が10畳しかありません。

 

1位のシャープ製の物と比較すると、対応面積は狭いです。

 

価格は安くて良いのですがこの対応面積の狭さのため、シャープ製の方をランキング上位の方にした理由です。

 

しかし万人受けはしませんが、一人部屋に使うと考えるのなら10畳の対応面積でも問題ない方はたくさんいらっしゃると思います。

 

10畳以下の一人部屋で、価格が13,000円弱で0.1μmまでしっかりキャッチする、高機能な空気清浄機が購入できる。

 

と考えれば結構良いのではないでしょうか?

 

 

対応面積が25畳の範囲で二万円以下

アイリスオーヤマMSAP-DC-100


次に紹介するのは、アイリスオーヤマの空気清浄機でMSAP-AC-100です。

 

本体のパネルにホコリセンサーで今の空気中のホコリの濃度がわかるように数字と色で判断できるようになっています。色は青色が綺麗で赤色が汚れているです。

 

またホコリ濃度の変化もわかるように60秒前からの状態の変化をグラフでもわかるようになています。

 

自動運転モード中にホコリセンサーが部屋のホコリの量を検知して、ホコリが多い場合は自動で強運転になり素早くホコリを吸い取ってくれます。そしてホコリが少なくなったら弱運転になります。

 

運転モードを切り替える手間が省けてすごく楽です。操作しなくても勝手に最適に空気清浄機が動いてくれるのはありがたい機能です。

 

またイオンボタンを使えばマイナスイオンが発生しより空気が良くなります。

 

8畳を10分で清浄にするスピードで、これは本体の前面下と横の3方向から吸い込むから入れ替えが速いそうです。

 

対応面積が25畳ととても広いアイリスオーヤマPMAC-100-s

対応面積は25畳です。

 

運転モードは自動、ターボ、強、標準、静音の5段階ありますが、状況によって変えるのが面倒な場合。自動運転モードが手っ取り早いです。

 

自動運転モードなら、部屋内のホコリの量に合わせて、勝手にモードを変化させてくれるので、いちいちモードをボタンを押して、切り替える必要がないので、便利です。

 

モードごとの電力Wの違いですが、

  • ターボで80W
  • 強で59から64W
  • 標準で17W
  • 静音で3W
です。

 

アイリスオーヤマのMSAP-DC100のフィルター機能

フィルターは三段重ねで、ホコリや臭いや花粉などをキャッチします。

  • 一番外側のプレフィルターでホコリや抜け毛など大きい物を取ります。
  • 二番目に活性炭フィルターで臭いを吸着させ除去します。
  • 最後にHEPAフィルター(集塵フィルター)で0.3μmまでの小さな粒子を捕らえることができます。

普段の手入れと交換時期ですが、プレフィルターは一か月に一回くらいで良いみたいです。活性炭フィルターと集塵フィルターは二年くらいが交換目安だそうです。どちらも部屋の状態、使用頻度などで変化しますので、参考までにとどめるくらいにしましょう。

 

大きさ、重さ、電気代

重さは5.6kg

 

価格と送料と保証

価格は販売店にもよりますが、安いところで税込みで約16,000円前後です、送料も無料です。

 

 

シャーププラズマクラスターFU-L30-W

シャープ空気清浄機FU-L30-Wは加湿機能がない分安い

通販で買える人気の空気清浄機ランキングの5位は、シャーププラズマクラスターFU-L30-W空気清浄機です。

 

加湿機能がない分、加湿機能付きのシャープの空気清浄機と比べると価格が安く購入することができます。

 

プラズマクラスター7000を搭載していて、ちゃんとシャープの良い機能は付いています。

 

フィルターはホコリなどを取るプレフィルターと集塵フィルターと脱臭フィルター

 

強中弱の3つのモードがあるがより静音のお休みモードみたいなのはないです。

 

対応面積は13畳でプラズマクラスターの適用面積は10畳

 

重さが4kgと軽量設計

 

二万円以下の中でも、安くてシンプルの機能だけなので、価格の安さを求めるなら良いですが、機能は他と比べるとというのはあると思います。

 

 

二万円以下の空気清浄機ランキングまとめ、比較すると価格、機能も良いシャープがおすすめ

人気の空気清浄機ランキングの画像
ここまで二万円以下の一万円台の空気清浄機で人気の物を紹介してきました。

 

最後にまとめとして、今回紹介した物を比較して特徴をより明確にしましょう。

 

この価格の割には、良い機能があったりだとか、対応面積が広いとか、こちらの方が軽いだとかです。

 

またこの二万円以下の中でも、比較することによって、ほぼ同機能なのにこっちの方が価格が安くてコスパが良いとか比較することでどちらがどう良いのか、どのくらいの機能の差なのかが良くわかります。

 

さらにこれらを比較すると自分に合ったものがどれなのかが鮮明になる

それぞれの

  1. 対応面積
  2. フィルター、除去機能
  3. 音の大きさ
  4. 重さや運びやすさ
  5. 価格や保証
で比較してみました。参考にどうぞ。

 

二万円以下の空気清浄機の対応面積で比較

空気清浄の範囲を表す対応面積で比べてみると

  1. yihaiの7重空気清浄機が30畳
  2. アイリスオーヤマのMSAP-DC100が25畳
  3. シャープのKC-J50が23畳
  4. ±0のX020が15畳
  5. トーカ堂オリジナルのシャープKC30T7が14畳
  6. シャープのFU-L30Wが13畳
  7. LOWYAのboltzが10畳

と対応面積が広い順でまとめました。
一番広くて30畳、一番狭くて10畳と3倍以上の差があります。

 

 

フィルター、除去機能で比較

まずは各フィルターとその付近の機能、吸い込んだ空気の中に含まれているアレル物質や臭いをどうするかを比べてみましょう。

 

  • KC-30T7は脱臭フィルターと静電HEPAフィルターとミクロンメッシュプレフィルター
  • KC-J50はダブル脱臭フィルターと静電HEPAフィルターとホコリブロックプレフィルター
  • yihaiの7重空気清浄機は防塵網にメルトブローフィルター、静電HEPAH13フィルター、活性炭フィルター
  • LOWYAのboltzはプレフィルター、活性炭フィルター、HEPAフィルター
  • ±0のX020は除菌フィルター、HEPAフィルター、カーボン脱臭フィルター、カテキン入り除菌フィルター
  • アイリスオーヤマMSAP-DC100はプレフィルター、活性炭フィルター、HEPAフィルター
  • シャープのFU-L30は集塵、脱臭一体型フィルター、プレフィルター

です。
フィルターはこれで終わりですが、除去機能で言うと他にもあります。

  • KC-30T7とKC-J50、FU-L30はシャープ製なので、プラズマクラスターがあります。
  • プラズマクラスターの機能で、アレル物質を抑制、除去します。
  • またLOWYAのboltzは光触媒、UVライトにマイナスイオンを使って、同じくアレル物質や菌を抑制、除菌します。
  • yihaiの7重空気清浄機は光触媒、、UV除菌ライトで除菌したり、高濃度マイナスイオンを放出します。

捕らえるフィルターと消臭のフィルター以外にも、除菌やアレル物質にたいしての機能も付いていると、より空気が清浄されて良いですよね。

 

音の大きさで比較
  • KC-30T7は最大49から静音で21
  • KC-J50は52から20
  • yihaiの7重空気清浄機が50から30
  • ±0のX020が48から19
  • LOWYAのboltz記載なし静音なら静かとはある
  • アイリスオーヤマのMSAP-DC100が59から25
  • シャープのFU-L30Wは44から23

○○から○○となっているのは、通常使っていてこの中で流動しているのではなくて

 

一番最大のパワーを使っているモードの時から、静音モードの時と考えてください。

 

49から21の場合、最大のパワーのモードのボタンを押している時が49で

 

静音モードのボタンを押している時が21ですよ、という事です。

 

±0のX020が一番静音ですが同じくらいの数値がKC-30T7やKC-J50もあります。

 

 

重さや運びやすさで比較

重さで順番を付けました

  • KC-J50は7.5s
  • KC-30T7は6.8s
  • アイリスオーヤマのMSAP-DC100は5.6s
  • ±0のX020が4.8kg
  • yihaiの7重空気清浄機は4.4s
  • LOWYAのboltzは4.2s
  • シャープのFU-L30Wは4s

 

重さは一台で複数の部屋を持ち運んで使う方にとっては、移動する時の負担に関係するので大事です。ずっと同じ部屋で使用する予定の方には設置するときとか処分する時くらいしか関係ないと思います。

 

二万円以下の空気清浄機の価格や保障で比較

価格が高い物順に並べると

  1. KC-J50の約20,000円くらい
  2. ±0のX020が約17,000円くらい
  3. KC-30T7の約16,000円くらい
  4. yihaiの7重空気清浄機が約15,000円くらい
  5. アイリスオーヤマのMSAP-DC100が約15,000円くらい
  6. LOWYAのboltz約13,000円くらい
  7. シャープのFU-L30W約12,000円くらい

 

今回二万円以下の空気清浄機だけでランキングを作りましたが、最高値と最安値では約8,000円も違いがありました。

 

より安くと考えている方は、約12,000円前後ののFU-L30Wです。

 

 

結論、二万円以下の空気清浄機は清浄機能と対応面積で決めるのがおすすめです

購入して使う予定の部屋が6畳から8畳の一人部屋であれば、どれを選んでも問題ありません。

 

という事はなるべく価格を抑えたいのであれば、対応面積に合う中で、一番安い物を選べば良いわけです。

 

リビングに使うのか、一人部屋に使うのか、キッチンとつながっているワンルームで使うのか。

 

あなたが使う予定の、部屋の面積を調べてから合った物を選べば、ほぼ間違いない選択ができると思います。

 

あとは二万円以下ですが、その中でもなるべく安い方が良いと思います。

 

さらにランキング1位のトーカ堂のシャープKC-30T7は、たまにクーポン券が配布されていてとてもお得です。

 

送料が無料なのも嬉しいポイントです。

 

 

期間限定クーポン配布中【186週ランキング1位!!】空気清浄機 シャープ プラズ...

 


空気清浄機ランキング2万円以下でおすすめはこれ記事一覧

page top